ウォーターサーバーは高い!?ペットボトルとコスパを比較

ウォーターサーバーコスパ

本記事にはプロモーションが含まれている場合があります

ウォーターサーバーは高いもの、というイメージにとらわれていませんか?
実際にペットボトルの水と購入額を比較すると高いと感じることも。しかし便利な付加価値が多くあり、一概にはコスパが悪いとも言い切れません。ウォーターサーバーの魅力の理由とコスパの高さについて考えてみましょう。

目次

ウォーターサーバーは高いの?

ウォーターサーバーは高いと思われがちですが、ほとんどのメーカーではお水の購入代金のみでウォーターサーバーを使えます。さまざまな便利機能がついているウォーターサーバーはコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

ウォーターサーバーの価格はメーカーによりさまざまですが、次の項目が主な費用に設定されています。

  • 初期費用
  • ウォーターサーバーのレンタル代
  • 購入の場合はウォーターサーバー代
  • 水の購入費用
  • 送料
  • メンテナンス料
  • 電気代

契約時の費用や月々にかかる費用の詳細を見て、ウォーターサーバーの高いコスパの理由やメリットを確認してみましょう。

ウォーターサーバーの契約時にかかる費用は高い?

ウォーターサーバーをレンタルで契約するとき、初期費用は不要というメーカーがほとんどです。

初期費用 無料のところが多い
メンテナンス料 無料のところが多い
ウォーターサーバー送料 無料のところが多い
(ウォーターサーバー購入費用例) 15,180円(税込)・17,800円(税込)など

ウォーターサーバーがレンタルではなく買い切り型の場合は、初期費用ではなく購入代金がかかります。

ウォーターサーバー自体の購入費用が高いと感じるかもしれませんが、中途解約時などの手数料や手間を考えると安いのかもしれません。

ウォーターサーバー契約時の初期費用は無料のところが多いですが、まれに事務手数料などの値段が高いところもあります。

初期費用は無料でも、契約の途中でウォーターサーバーを解約する場合、高い解約金がかかるメーカーがあるため注意が必要です。

多くのメーカーのウォーターサーバーでは、内部のメンテナンスは自動でおこなわれ、メンテナンス料はかかりません。契約年数に応じてウォーターサーバーを新品と交換するメーカーもありますが、こちらも無償のところが多いようです。

毎月かかる費用は高い?

次の項目は毎月発生する金額に関係しています。

  • ウォーターサーバーのレンタル代
  • 水の購入代金
  • 配送料
  • 電気代

月々どのくらいの金額がかかるのか目安を見てみましょう。

ウォーターサーバーのレンタル代

ウォーターサーバーはレンタルか購入かにより価格が変わります。

購入の場合は契約時に支払が発生し高いと感じますが、月々の支払はありません。

ウォーターサーバーのレンタル代

無料から1000円前後のものまで

購入の場合は1台約15,000~20,000円

レンタル料が無料のところが多いですが、インテリア性の高いデザインや新しい機能が付いたサーバーは月額のレンタル料がかかる場合があるようです。

お水の購入代金、送料

お水の購入費用はメーカーや採水地、お水の種類により違います。

水の購入費用

12リットル1000円以上

送料

無料のところが多い

地域により高い送料がかかる場合も

送料は全国どこでも無料のメーカーが多いですが、離島などは高い送料がかかることも。

採水地に工場があり、配送先が遠方の場合は送料が高い場合があります。

1ヶ月の購入数により割引率が変わり安い金額になったり、高い送料に変わったりすることもあるようです。

必要なお水の目安

申し込み時に家族の人数で必要なお水の目安を考えておきましょう。

1ヶ月あたりの目安

ひとり暮らし

15~20リットル

大人2人

30~40リットル

大人2人子ども1人

36~48リットル

在宅時間の長さや外食の回数が多いなど、ライフスタイルの違いによっても使用量が変わります。

契約してすぐはウォーターサーバーを頻繁に使う傾向が強いそうです。

お水の使用量がつかみにくく、追加注文したいときに配送のタイミングもわかりにくいので考慮しておきましょう。

購入の個数により割引や送料の違いがあったり、配送回数が異なりますのでメーカーごとに確認することをおすすめします。

1ヶ月の最低注文数が決まっているメーカーもあるので注意しましょう。

一定の期間、注文数が下回った場合に高い手数料がかかる場合もあります。一方、旅行などで一時的にお水がいらないときにスキップできるメーカーもあるようです。

ウォーターサーバーのお水が、天然水かそれ以外かでも1ヶ月の金額が違います。

ウォーターサーバーで使用する水は主に次の3種類です。

水の種類

特徴

天然水

化学的処理を行わずに不純物だけを除去している水

RO水

RO膜といわれるフィルターを使って不純物を除去している水

水道水

浄水型のウォーターサーバーで使用


RO水は特殊なフィルターを使ってろ過した水をボトルに詰めています。

浄水型のウォーターサーバーは水道と直結させる、タンクに水道水を入れるなどの方法で浄水が使えるウォーターサーバーです。

水道水を使うのでお水のボトルが必要ありません。

天然水はミネラル成分が残っているため、まろやかな味わいが特徴です。

電気代

ウォーターサーバーの電気代は高いのではないか気になるところです。

電気代

ひと月約1000円~2000円

冷水やお湯を24時間キープしたり、内部を清潔に保つための機能がついていたりなどで電気代は1ヶ月で1000円程度になる機種が多いようです。

エコモードや省エネ機能搭載のウォーターサーバーは通常より30〜50%節約できます。

エコモードは部屋の明るさを感知して、照明を消すとスリープ機能に切り替えて節電する便利な機能です。

省エネ機能を利用すると電気代が1ヶ月500円前後になる機種もあります。

ペットボトル天然水との料金比較

コスパを考える上で、ペットボトルのミネラルウォーターとの値段の違いは気になるところですね。

ウォーターサーバーのボトルとペットボトルのミネラルウォーター、どちらが高いのか安いのか。金額差は次の通りです。

500mlあたりの平均金額
ミネラルウォーターのペットボトル 約90円
ウォーターサーバー 約76円

お店で買うと割高なペットボトルのお水は、まとめ買いをしても500ml1本が90円前後。

高いと思われていたウォーターサーバーのお水代は平均76円程度と意外と安いことがわかりました。多く使うと割引率が変わり安い価格になるメーカーもあり高いコスパを発揮してくれそうです。

ウォーターサーバー20種以上をタイプ別に徹底比較!
ウォーターサーバー比較

ウォーターサーバーとペットボトルのどちらがコスパ高い?

ウォーターサーバーとペットボトルの購入金額ではウォーターサーバーが安いとの結果で、ウォーターサーバーのコスパが高いとわかりました。

費用以外でもウォーターサーバーとペットボトルのコスパを比較してみましょう。

美味しさ

日本でも屈指の美味しさを誇る採水地がラインナップされています。

ウォーターサーバー

富士山、北アルプス、南アルプス、木曽、養老、京都、吉野、朝来、金城、大分、南阿蘇

ペットボトル

北海道、奥羽山脈、白州、砺波、南アルプス、大山、阿蘇

ウォーターサーバーのボトルは採水してから48時間以内のスピード出荷。汲みたての新鮮な天然水が届くのはポイントが高いですね。飲み物だけでなく、料理に使ってもおいしさがアップします。料理するのが楽しくなりそうです。

買いに行く手間

忙しいときには重い水を買いに行くのもおっくうになります。

ウォーターサーバーのボトルは決まった日に届けてくれるので安心です。小さい子どもがいる家庭、高齢者の家庭では重いお水を自宅まで配送してもらえるのはうれしいですね。

ウォーターサーバー

1週間ごと~1ヶ月ごと

追加注文も可能

決まった日に配送してくれるので買いに行く手間が省ける

ペットボトル

店舗で購入

ネット通販で購入

ネットで購入すると到着が翌日~1週間近くかかることがある


ウォーターサーバーのボトルは、ひと月の契約本数を毎週や隔週、3〜4週間ごとに決まった間隔で配達してくれます。
どのメーカーも多く使ったときには追加のボトルを注文でき便利です。
買い物に行くたびに重いペットボトルを持って帰る日々から解放されますね。
ウォーターサーバーのお水は配送の日時をHPから確認したり変更したりできるので、急なお出かけでも安心です。

お湯を沸かす手間

ウォーターサーバーは温水、冷水、常温など1台でさまざまな温度のお水がすぐに使えます。

欲しいときにすぐ使えますが、待機時間もあり電気代が高くつくのではと気になりますね。電気ケトルや電気ポットと比較してみました。

1日当たり(電気ケトルは1回当たり)
ウォーターサーバー 約20~45円
電気ポット(2.2リットル) 約17~20円
電気ケトル(1リットル) 約3円


ウォーターサーバーの種類によっては細かい温度設定ができる機種があります。高い温度に設定してコーヒーやお茶はもちろん、炊飯や調理にも使えますよ。ウォーターサーバーは常温でも使えるため、野菜を洗ったり出汁を取ったりと調理にも大活躍です。

温度の設定をしておくと、赤ちゃんのミルクにもすぐに使えます。夜中の授乳時にも慌てず用意でき重宝します。温水と冷水のどちらも使え、好みの温度に設定できてこの電気代は、むしろ安いのではと感じますね。

ストックのスペース(12リットルで比較) 

ウォーターサーバーの大きいボトルはストックしておくスペースが必要になりますね。

ミネラルウォーターのペットボトルとサイズを比較してみます。

ペットボトル 500ml×24本 1箱 22×41×28 14.2kg
ウォーターサーバーボトル 1.2リットル 約34×34


いつでもすぐに交換できるようなストックの収納が必要です。

ウォーターサーバーの近くでストックを収納できるような専用ラックや収納グッズも多く市販されています。インテリアに合わせて、便利なラックを使用するとボトルの交換もスムーズになりますね。

ゴミの量(12リットルで比較)

ペットボトル、ウォーターサーバーのボトルとも資源ごみで捨てられます(自治体により異なります)。

ボトルタイプは水を使うと真空状態のまま小さくまとまっていくため、自分でつぶすペットボトルと比べても格段に楽です。

最近多く見かけるパックタイプは、ゴミがコンパクトにまとめられて捨てやすいですね。軽いパックタイプはボトルに比べて容量が少ないですが、高い位置の入れ替えも簡単にできます。

コスパが高いのはウォーターサーバー

ウォーターサーバーには便利な機能も付いていて、一度使えば高いコスパが実感できます。

ウォーターサーバーのさまざまな便利な機能は大きなメリットです。

ボトル交換がらくらく

ボトルが重くて高い位置の交換が大変という女性や高齢者には、ウォーターサーバーの下にボトルをセットするデザインもあります。

また、水の容量が5〜7リットルのパック式は軽いので、高い位置でも楽に交換できます。パックが小さいのでゴミ捨て時もかさばりません。

ボトルも以前はリターナブルが主流でしたが、資源ごみとして出せるように変化してきています。ボトル返却の手間がないため、不在時でも配送の手配ができ便利です。

子育て中にも便利

ウォーターサーバーの天然水は軟水のため、赤ちゃんのミルクづくりにも安心して使えます。

ボトルをセットするだけで、お湯と冷水が使えます。今までのようにポットでお湯を沸かす手間がかかりません。必要なときにすぐに授乳できます。

妊娠中から未就学までの期間、子育て割引を設定してさらに安い価格になるメーカーがあるのはうれしいですね。

メンテナンスが手厚いメーカーも

面倒なメンテナンスは不要で、自動で内部を清潔に保つ機能のついたウォーターサーバーがあります。

一定期間使用したら無料で新しいものと交換してくれるサービスや、定期的に内部の清掃をしてくれるメーカーも。少し高い金額になりますが、オプション料金を支払うと破損時の補償をしてくれるサービスもあるようです。

便利な機能がついたウォーターサーバーはコスパが高い

お湯やお水だけでなく、炭酸水やコーヒーを作れるウォーターサーバーもあります。専用のマシンとウォーターサーバーが一体化しているので設置場所に悩んでいる人にはおすすめです。

便利な機能を追加したウォーターサーバーを使うと1台で済むというメリットがあります。省スペースになり部屋もすっきりし、インテリアのじゃまにならず心地よい空間が作れますね。

コーヒーマシン一体型

お水の配送時にいっしょにコーヒー豆やコーヒーのカプセルを届けてもらえます。お水もコーヒーも、まとめ買いをすると費用を抑えられやすい買い方ができますね。

おいしいお水を使ったコーヒーがすぐ簡単に作れるため、コーヒー好きには人気のウォーターサーバーです。

炭酸水が作れるウォーターサーバー

炭酸水を作る炭酸ガスもお水と一緒に配送してもらえます。炭酸水やジュース、お酒を楽しめると最近人気のソーダメーカーを別に買う必要がなく、気軽に作れるのはうれしいですね。

お水と一緒に炭酸ガスもまとめ買いでき安いため、コストが抑えられます。

災害時の備蓄用

お水はまとめ買いすると割引になることがあります。多めに購入し、ストックしておくと災害用の備蓄になり安心です。

災害時、停電時に使えるキットやスタンド、バッグインボックスやボトルに直接つけるコックを用意しているメーカーもあります。

バッグインボックスはウォーターサーバーを使わないボックスタイプ。ローリングストックとしてキープしながら、アウトドアやキャンプなどで美味しいお水を使えます。

ウォーターサーバーを使う利点

メーカーにより機能に少しずつ違いはありますが、ウォーターサーバーを使うメリットは大きいことがわかります。

多くのメーカーはお水の購入代金のみで手軽にウォーターサーバーを使えるプランを提供しているので、ライフスタイルに合わせて選べますね。

ウォーターサーバーのレンタル代やお水の配送料も無料になるため、ミネラルウォーターのペットボトルと比較してもコスパが高いことはまちがいなしです。

最近はおしゃれなデザインのものが増えてきています。リビングや寝室に置いてもインテリアの邪魔をしません。インテリアになじむウォーターサーバーも多く揃っているので、家具を選ぶようにデザインを選ぶのも楽しいでしょう。

便利な機能が満載で高いコスパの理由を日々実感できるウォーターサーバー。お気に入りのウォーターサーバーを、後悔のないようにじっくり探してみてくださいね。

ウォーターサーバー20種以上をタイプ別に徹底比較!
ウォーターサーバー比較

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

上場企業で商品企画やマーケティングを担当。自社サービスサイトの立ち上げから関わり1年で月間約40万アクセスを記録。
様々な企業の商品リサーチ、サービスの裏側を見てきたからこそ分かる、商品選びの際の着目するべきポイントなど役に立つ情報を発信していきます!

目次