おすすめの置き型WiFiはどれ?厳選6社を徹底比較!

本記事にはプロモーションが含まれている場合があります

置き型WiFi(ホームルーター)は、工事不要で電源コンセントに繋げばインターネットが使える便利なWi-Fi端末です。

 

今、インターネットを利用する為の手段は、「光回線」「ポケット型WiFi」「置き型WiFi(ホームルーター)」「CATV回線」など様々あります。

 

本記事では、その中でも「置き型WiFI(ホームルーター)」のおすすめの契約先は一体どこなのか?という疑問に対し、各社の徹底比較と、厳選した置き型Wi-Fiの中でさらに利用目的・環境別におすすめのWi-Fiをご紹介します。

 

アナタに一番おすすめの置き型Wi-Fiが見つかるように解説していきますのでぜひ参考してください。
余談ですが、置き型WiFiの事を「ホームルーター」と言ったりもしますが、本記事では「置き型WiFi」として解説していきますね。

目次

置き型WiFi(ホームルーター)厳選6社の比較!

置き型のWiFiといえば、工事不要でコンセントを挿すだけでインターネットが使えて、なおかつ高速通信が可能なWi-Fiとして人気があります。

ただこれから契約検討する人の中には、

 

「実際、置き型のWiFiはどこがいいの?」

 

と悩む人も多いのではないでしょうか。

 

実はそれぞれの置き型WiFiには、速度やデータ通信容量などに特徴があるので、使い方に合う会社サービスを選ぶ必要があります。
本記事では、厳選した置き型Wi-Fiの各社比較とその中でも「利用目的・環境別」におすすめのWi-Fiを解説します。

 

また、実際利用する場合に「どの窓口で申し込みをすればよいのか?」と考える人もいると思いますので、迷わずおとくに申し込みができる窓口紹介も含めてご紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

 

各社比較と、厳選した置き型Wi-Fiの中でさらに利用目的・環境別におすすめのWi-Fiをご紹介します。

ホームルーター
契約先
実質月額 月額 容量 速度 支払
BIGLOBE
WiMAX
4803円 初月:0円
1~24ヶ月:4378円
24ヶ月目以降:4928円
無制限 2,7Gbps クレカのみ
カシモ
WiMAX
4458円 初月1408円
<3年プラン>
2ヵ月目以降4455円
<2年プラン>
2ヵ月目以降4708円
無制限 2,7Gbps クレカのみ
GMOとくとくBB
WiMAX
4060円 初月:0円
1-2ヵ月:2079円
3-36ヵ月:4389円
37ヵ月目以降:4444円
無制限 2,7Gbps クレカのみ
Vision
WiMAX
4,719円 1-2ヵ月:4400円
3-12ヵ月:4400円
13-24ヵ月:4950円
25ヵ月目以降:4950円
無制限 2,7Gbps クレカのみ
ソフトバンクエアー
(4ネクスト)
3467円 1~12ヶ月目: 3080円
13~24ヶ月目: 4180円
25ヶ月目以降: 5368円
無制限 612Mbps クレカ
口座
ソフトバンクエアー
(5G)
3834円 1~24ヶ月目:4180円
25ヵ月目以降:5368円
無制限 <4Gエリア>
812Mbps

<5Gエリア>
2,1Gbps
クレカ
口座
ドコモhome5G 4625円 4950円 無制限 4.2Gbps クレカ
口座

WIMAXの置き型Wi-Fiであれば、どの会社を選んでも、通信速度や利用可能エリアは同じなので、「料金体系」で比較して選んでもいいと思います。

 

また、人それぞれ契約先を重視するポイント・利用する環境も違うので、自分の希望に一番合う置き型Wi-Fiを選ぶのが一番いいですね。
次の記事から、それぞれの置き型Wi-Fiの特徴を詳しくまとめて解説していきますので契約先会社を選ぶ際は、参考にしてください。

速度重視で選ぶなら「ドコモhome5G」

2021年8月にドコモがサービス提供を開始したドコモhome5Gは、ドコモの5Gと4GLTEの電波に対応している為、全国かなり広い地域で利用可能となっています。

 

光回線並みの通信速度を提供できるスペックのサービスとして、据え置き型のWiFiとしてかなり注目されています。
結論、速度重視で置き型Wi-Fiの申し込み検討している方には一番おすすめできるWi-Fiです!
おすすめできる理由を以下にまとめました。

  • 置き型Wi-Fiの中でも最速級の下り最大4.2Gbps
  • 契約期間の縛りなし
  • データ容量無制限
  • 端末代が実質0円
  • 全ドコモのLTE回線対応なのでエリアが広い
  • キャンペーンサイトから申し込めば、15,000円のキャッシュバックがある

ドコモhome5Gは、光ファイバー回線並の通信速度・スペックとなっているので、

 

「工事立ち合いができない」
「光回線の工事ができない建物だった」
「今すぐにインターネットを利用したいけど、高速回線がいい」

 

など、通信速度重視で考える方にとっては、もってこいの優秀な置き型だと言えます。


キャンペーンで選ぶなら「ソフトバンクエアー」「GMOとくとくBB」

<キャンペーン内容と実質月額の比較>

契約先名 実質月額 キャンペーン
ソフトバンクエアー <ターミナル4ネクスト>
3,467円
<ターミナル5G>
3,834円
30,000円
キャッシュバック
GMOとくとくBB WIMAX 4,060円 ・他社乗り換えキャッシュバック(20,000円まで)
・新規申込キャッシュバック(13,000円)
※他社乗り換えと新規申込キャッシュバックの併用不可
Vision WiMAX <3年プラン>
4,990円
<1年プラン>
5,550円
5,000円キャッシュバック
BIGLOBE WiMAX 4,803円 15,000円キャッシュバック
ドコモhome 5G 4,541円 18,000円キャッシュバック
カシモ WiMAX <3年プラン>
4,461円
<2年プラン>
4,708円
なし

ソフトバンクエアーのキャッシュバックが高額!

当サイトにあるキャンペーンサイトから申し込んだ場合、ソフトバンクエアーのキャンペーン内容は、他社と比較しても最高水準のキャッシュバック額の30,000円になっています。

 

なおかつ実質月額料金の安さで比べても他のホームルーターと比べても、比較表の通り最安値となっているので、キャンペーン内容・実質月額で見てもお得に使えるホームルーターと言えます。

  • ホームルーターの中で実質月額が最安値
  • キャッシュバックが30,000円と高額
  • ソフトバンクスマホとのセット割が使える
  • データ無制限で使える

<ソフトバンクエアー/キャッシュバックの受取までの流れ>

  1. ソフトバンクエアーの申し込み時に、申込窓口担当者へキャッシュバックの振込先口座情報を伝える
  2. ソフトバンクエアー課金開始月から最短2ヵ月後に口座へ振り込まれる

SoftBank Air キャッシュバックキャンペーンは、申し込み時にキャッシュバック申請が完了する簡単手続きを導入しています。
キャンペーンの受け取りによくある書類やメール等のやりとりなどの申請手続きが不要なので、キャッシュバックの貰い忘れ・手続き忘れの心配がないので安心して申込できますね。



GMOとくとくBB WIMAX

GMOとくとくBB WIMAXのキャンペーンは、最大20,000円のキャッシュバックとなっていますが、
詳しくは以下の二種類となっています。

  • 他社回線から乗り換えの場合・・・違約金補填として、20,000円までキャッシュバック
  • 乗り換え以外の新規申し込み・・・13,000円のキャッシュバック

WIMAXの置き型WiFi(ホームルーター)の中では、GMOとくとくBBが一番高額になっています。

<GMOとくとくBB/キャッシュバックの受取までの流れ>

  1. GMOとくとくBBの端末発送月を含む11ヶ月目に、申込み時に作成されるメールアドレスに、
    「キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認」の案内メールが届く。
  2. 届いたメールを確認し、口座登録の画面で受取用の口座情報を登録
  3. 口座情報登録を行った月の翌月末にキャンペーン額が振り込みされる。

<注意!違約金補填の20,000円キャッシュバックを受け取るには、以下の手続きが必要>
GMOとくとくBB WIMAXの申込みが完了した後に、キャンペーン適用の電話申込みが必要です
※適用条件と注意点は以下です。

  • 申込時に、他社インターネット回線を実際に利用している事
  • 申込後、WiMAXの端末発送月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社回線を解約し、解約金がわかる明細写真を提出する事
  • 期間内に証明書を提出しなかった場合は、13,000円のキャッシュバック適用となります

キャッシュバックの受け取れる時期(11ヶ月目)に、GMOとくとくBBを解約していた場合は、適用外となる模様なので注意ですね。

 

また、GMOとくとくBBのキャンペーンを受け取るのが難しいと思われる方も多いと思いますが、電話やメールで案内がちゃんとあるので、契約時は忘れずに保管等をしておきましょう。



口座振替が可能なのは「BIGLOBE 」「ドコモ」

ポケットWiFiや置き型のWi-Fiは、現在数十社とありますが、各社ほとんどがクレジッドカード支払いのみとなっています。

 

「クレジットカードは持っていない!」
「クレジットカードではなく、口座振替がいい!」

 

など、契約後の支払方法は口座振替が希望の方は多いと思います。そこで、口座振替に対応している置き型WiFiのおすすめは以下の2社です。

BIGLOBE WiMAX

契約期間が1年間と短く、違約金もかなり安く設定されていて、クレジッドカードと口座振替にも対応しているプロバイダです。
おすすめできる理由を以下にまとめました。

  • 契約期間の自動更新なし
  • 契約期間が1年と短く、違約金も1,100円とかなり安い
  • クレジット・口座振替に対応している
  • キャッシュバックをすぐに受け取れる
  • WiFi端末が最短申込翌日に発送可能
  • サポート体制が万全
  • スマホとセットでお得に利用できる
    サービス名 BIGLOBE WiMAX
    契約期間 1年間(自動更新なし)
    解約金 0~12か月目:1,100(税込)
    13ヶ月目以降:解約金不要
    初回手数料 3,300円
    月額料金 1~24ヶ月:4378円(税込)
    24ヶ月目以降:4928円(税込)
    ※端末を受けとった翌月が「1ヶ月目」となる。
    速度 下り最大速度:2,7Gbps
    上り最大速度:183Mbps
    容量 無制限
    端末代 <クレジッドカード>
    913円×24回払い

    <口座振替>
    21,912円が初回一括請求
    +
    代金引換手数料440円
    キャッシュバック サービス開始翌月に、
    15,000円キャッシュバック
    スマホセット割 <AUスマートバリュー適用>
    (スマホの料金が毎月最大1,100円/1台の割引)

    <UQ mobile自宅セット割>
    (UQ mobileの料金が毎月最大858円/1台の割引)

    端末代金がかかりますが、開通翌月には15,000円~19,500円の現金キャッシュバックを受け取れるので負担は少なくスタートできますね。



    ドコモhome5G

    ドコモhome5Gも、先ほどご紹介した置き型Wi-Fiの中で、口座振替に対応しているサービスなので希望の方にはおすすめです。

     

    BIGLOBE WiMAXと、ドコモhome5Gも口座振替に対応している置き型WiFiですが、口座振替が第一条件で、どちらがいいか迷った場合は、割引が効く為、携帯電話のキャリアに紐づけて選ぶのをおすすめします。


    <ドコモhome5Gの基本情報>

    サービス名 ドコモhome5G
    初回事務手数料 3300円
    端末代 実質無料
    (端末代金1100円-割引1100円)×36回=0円
    月額 4950円
    実質月額 4541円
    契約期間 なし
    解約金 なし
    (36ヶ月以内に解約で、
    端末代の残債費がかかる)
    通信速度 5G接続時下り最大:4.2Gbps
    4G接続時下り最大:1.7Gbps
    データ容量 無制限
    支払方法 口座振替
    クレジットカード
    キャンペーン 18,000円
    キャッシュバック
    スマホセット割 あり
    (ドコモスマホが対象)
    • ドコモスマホユーザー・・・「ドコモhome5G」がおすすめ!
    • AUスマホもしくは、UQモバイルユーザー・・・「BIGLOBE WiMAX」がおすすめ!
    • ドコモ・AU・UQモバイルユーザーではない・・・下り最大4,2Gbpsで使えて、実質月額も安い為「ドコモhome5G」がおすすめ!

    無料のPCサポートで安心の「Vision WiMAX」

     

    Vision WiMAX(ヴィジョン ワイマックス)は、上場企業の株式会社ビジョンが提供しています。特徴としては、365日コールセンターが繋がり、PCサポートも無料なので、インターネットの使い方や設定方法など困った時に安心できるサポート体制があるのがとても魅力的です。

     

    「あまりインターネットに詳しくない」
    「初めてのネット契約で不安」

     

    という方にもおすすめです。
    また、よくあるオプションサービスの強制加入もなく、13時までの申し込み完了で、WiFi端末を即日発送してくれるのですぐに使いたい方にとっては嬉しいですね。

    • オプションに加入しなくてよい
    • 365日無料でPCサポートを受けれる
    • 運営会社が東証1部上場企業なので信頼できる
    サービス名 Vision WiMAX
    契約期間 1年間(自動更新なし)
    解約金 <1年契約>
    12ヵ月以内:28,050円
    13-24ヵ月以内:21,450円
    25~36ヵ月以内:14,300円
    更新月:0円
    更新月以外:10,450円

    <3年契約>
    12ヵ月以内:35,200円
    13-24ヵ月以内:0円
    25~36ヵ月以内:0円
    更新月:0円
    更新月以外:0円
    初回手数料 3,300円
    月額料金 <1年契約>
    1-2ヵ月:5,973円
    3-12ヵ月:5,973円
    13-24ヵ月:5,478円
    25ヵ月目以降永年:5,038円

    <3年契約>
    1-2ヵ月:4,400円
    3-12ヵ月:4,400円
    13-24ヵ月:4,950円
    25ヵ月目以降永年:4,950円
    速度 下り最大速度:2,7Gbps
    上り最大速度:183Mbps
    容量 無制限
    端末代 0円
    キャッシュバック 開通の翌々月末に、5,000円キャッシュバック
    スマホセット割 AUスマートバリュー適用
    (スマホの料金が毎月最大1,100円/1台の割引)

    UQ mobile自宅セット割
    (UQ mobileの料金が毎月最大858円/1台の割引)



    ずっと変わらない定額料金「カシモWiMAX」

    カシモWiMAXは、東証一部上場企業のマーケットエンタープライズを親会社に持つ株式会社MEモバイルが運営しているプロバイダーになります。

     

    初月料金が、1,408円で安く使え、2ヶ月目以降はずっと変わらない月額4,455円(3年プラン)で使えます。

     

    今大体のインターネット契約が、利用月数によって月額が変動していく(最初だけ安くて、高くなっていく事が多い)プランが多いなか、この点でカシモWIMAXはずっと月額料金が変動しないのでシンプルな料金体系がわかりやすいです。

    月額は他の置き型Wi-Fiと比べて最安値ではありませんが、それでも最安値級で使える事は間違いないので安心して使えるプロバイダーと言えます。

    • 月額料金がずっと変わらない定額でシンプル
    • 最安値級で使える
    • 初月料金が安い
    • 運営会社が東証1部上場企業
    サービス名 カシモ WiMAX
    契約期間 2年契約と3年契約の2種類
    解約金 <2年契約>
    0~12か月目:20900円
    13~24か月目:15400円
    更新月(25ヵ月目):0円
    26ヵ月目以降:10450円

    <3年契約>
    0~12か月目:20900円
    13~24か月目:15400円
    25~36か月目:10450円
    更新月(37ヵ月目):0円
    38ヵ月目以降:10450円
    初回手数料 3,300円
    月額料金 初月1408円
    <2年契約>
    2ヵ月目以降永年4708円

    <3年契約>
    2ヵ月目以降永年4455円
    速度 下り最大速度:2,7Gbps
    上り最大速度:183Mbps
    容量 無制限
    端末代 0円
    キャッシュバック なし
    スマホセット割 AUスマートバリュー適用
    (スマホの料金が毎月最大1,100円/1台の割引)
    UQ mobile自宅セット割
    (UQ mobileの料金が毎月最大858円/1台の割引)



    置き型WiFi(ホームルーター) の選ぶポイント

    置き型WiFi(ホームルーター)を申込する際のチェックポイントは以下の4つです。

    • 実質月額料金
    • データ容量
    • 通信速度
    • スマホセット割の有無

    置き型WiFi(ホームルーター)は、「実質月額料金」「データ容量」「通信速度」「スマホのセット割の有無」の4つのチェックポイントを比較しつつ、最終的に自分が最重要視する項目は何か?で選ぶことをおすすめします。

    実質月額料金の安さで選ぶ

    置き型Wi-FIを利用したいが、何よりも料金重視で選びたい方は、実質料金で最安値級の「ソフトバンクエアー」がおすすめです!

     

    なおかつ、最新のソフトバンクエアーターミナル5なら、5Gに対応しており下り最大2,1Gbpsの高速通信が可能です。

     

    また、ソフトバンクスマホユーザーであれば、ソフトバンクエアーとのセット割で毎月のスマホの基本料金が1,100円割引になるので、さらにおトクに利用できます。

    ホームルーター各社との料金を比較してました。

    ホームルーター
    契約先
    実質月額 月額
    BIGLOBE
    WiMAX
    4,803円 開始月:0円
    1~24ヶ月:4,378円
    24ヶ月目以降:4,928円
    カシモ
    WiMAX
    <3年プラン>
    4,461円

    <2年プラン>
    4708円
    初月1,408円
    3年プラン:2ヵ月目以降永年4,455円
    2年プラン:2ヵ月目以降永年4,708円
    GMOとくとくBB
    WiMAX
    4060円 初月:0円
    1-2ヵ月:2,079円
    3-36ヵ月:4,389円
    37ヵ月目以降:4444円
    Vision
    WiMAX
    <3年プラン>
    4,990円

    <1年プラン>
    5,550円
    <3年プラン>
    初月:5,038円
    1-2ヵ月:5,038円
    3-12ヵ月:5,038円
    13-24ヵ月:5,038円
    25ヵ月目以降永年:5,038円

    <1年プラン>
    初月:2,178円
    1-2ヵ月:5,973円
    3-12ヵ月:5,973円
    13-24ヵ月:5,478円
    25ヵ月目以降永年:5,038円
    ソフトバンクエアー
    (ターミナル4ネクスト)
    3,467円 1~24ヶ月目:4180円
    24ヶ月目以降:5,368
    ソフトバンクエアー
    (ターミナル5)
    3,834円 1~24ヶ月目:4,180円
    25ヵ月目以降:5368円
    ドコモhome 5G 4,541円 4,950円

     

    データ容量制限なしで選ぶ

    置き型WiFiの種類は主に「WiMAX」「ドコモhome5G」「ソフトバンクエアー」の3種類がありますが、先程もお伝えましたが、「WiMAX」は2022年1月まで「3日で15GBまで」という制限があり超えた場合は低速になってしまう大きなデメリットがありましたが、、、2022年2月よりその通信制限が正式に撤廃されました!!!

     

    WIMAXの通信制限撤廃により、WIMAX・ドコモhome5G・ソフトバンクエアーの3種類の置き型Wi-Fiは、どれも「データ容量制限なし」で利用する事ができます。

     

    ただし、NET利用者が集中する時間帯(主に夜間)や、大容量のデータ通信をすると回線のパンク状態を防ぐためキャリアが速度を低下させることがあります。(速度を低下させる正式な定義はありません。)

     

    ただ、WIMAXの速度制限撤廃がされた事はかなり大きな出来事なので、ユーザーにとっては嬉しい限りですね。

    端末発送までの日数で選ぶ(今すぐに利用したい人)

    今すぐにインターネット環境を作りたい場合、申し込みから利用開始までの日数がどれくらいかかるのかとても重要かと思います。

    各社Wi-Fi端末の発送までの日数が少し違うので以下にまとめました。

    サービス名 端末発送までの日数
    BIGLOBE
    WiMAX
    <口座振替>
    申込から2~3日で支払方法用紙が発送され、
    用紙を返送してから1,2週間で発送
    <クレジッドカード>
    申込から最短2日~1週間
    カシモ
    WiMAX
    最短即日発送(土日祝も発送している)
    GMOとくとくBB
    WiMAX
    平日:15:00/土日祝:14:00
    までの申込み手続き完了で「即日発送」
    Vision
    WiMAX
    13時までの申し込みで
    当日発送
    ソフトバンクエアー5G 申し込み登録完了後(不備なし)、最短で3日位
    ドコモhome 5G 申し込み日から2,3週間(書類返送が必要)

    申し込み当日に即日発送しているのは、「VisionWiMAX」「GMOとくとくBB」「カシモWiMAX」の3社となりました。急ぎの場合は、午前中早目の時間に申し込みを済ませて到着を待ちましょう!

     

    スマホセット割の有無で選ぶ

    携帯電話・スマホとのセット割が適用できる置き型Wi-FI(ホームルーター)を選ぶと、毎月支払う携帯基本料金が割引になる為、ここも契約先を選ぶ際は重視したいポイントになります。

     

    料金重視で契約先を選ぶ場合は、スマホのセット割を適用させた場合のスマホの月額料金とWi-Fiの実質月額料金を合計して各社比較して選ぶといいでしょう。
    現在契約している携帯・スマホキャリアに紐づけてWiFiの契約先を選べます。

    • UQ mobileもしくは、AUスマホのユーザー・・・WIMAXとセット割が受けれる
      (AUスマートバリュー・UQ mobile自宅セット割 が適用になる)
    • ドコモのスマホを契約している人・・・ドコモhome5Gとセット割が受けれる
      (ドコモスマホの料金が毎月最大1100円の割引)
    • ソフトバンクのスマホを契約している人・・・ソフトバンクエアーとセット割が受けれる
      (ソフトバンクスマホの料金が、永年毎月最大1100円割引)

     

    置き型WiFi(ホームルーター)のメリット4つ

    • 工事不要でコンセントに挿せばすぐ使える
    • 引越し時の手続きがラク
    • ポケット型のWi-Fiより速度が安定する
    • 光回線のマンションタイプ(VDSL)より速い

    置き型Wi-Fi(ホームルーター)と、ポケットWi-Fiの違いのひとつで、通信速度の安定さになります。置き型Wi-Fiに内蔵されているアンテナが、ポケットWi-Fiよりも強力なため、置き型Wi-Fiの方が通信速度が安定して利用ができます。

     

    ただ、置き型のWi-Fiは、Wi-Fi電波が届く場所ならどこでも使えますが、電源コンセントを挿せる場所でしか使えません。

     

    また、同時にWi-Fi接続できる台数も、置き型Wi-Fi(ホームルーター)の方が優れているので、自宅で複数人の家族などで利用する事を考えるとメリットが大きいです。
    置き型Wi-Fi(ホームルーター)のメリットをまとめました。

    コンセントに挿せばすぐ使える

    置き型Wi-Fi(ホームルーター)は、部屋のコンセントに挿して電源を入れればWi-Fiで接続できるので、光回線の様な宅内工事が不要で、工事日を待つ事も、工事の立ち合いをする必要もありません。
    契約先から端末が届けばすぐに使えるので手軽さも人気の理由になります。

    引越し時の手続きがラク

    置き型Wi-Fi(ホームルーター)を利用の場合で引越をする場合、また引越し先の電源コンセントに挿すだけでインターネットに接続できます。

     

    今はほとんどのエリア利用できるエリアになってきていますが念の為、年の為引越しする際は、利用先住所の変更を契約先の会社へ連絡し提供エリアかどうかを確認必要があります。

     

    また、置き型Wi-Fi(ホームルーター)で利用の場合、引越し時でもインターネットが使えない期間が出る事なく使えるのでとても便利です。

     

    光回線のような固定回線でインターネットを利用している場合は、また引越し先で回線工事を行う必要も出てくるので手続きが面倒だったり、インターネットが使えない期間が出てしまう場合があったりと色々面倒になる事があります。

     

    引越しをする場合、ただでさえ色々やる手続きなどが多く出てくるので、インターネットの住所等の変更は負担なくラクに済ませられるのが置き型Wi-Fiのメリットですね。

    ポケットWiFiより速度が安定する

    置き型Wi-Fi(ホームルーター)は、屋内で利用する用に作られています。
    コンセントからの電力供給にする為、Wi-Fi端末に内蔵されている強力なアンテナが使える為、ポケットWi-Fiと比べると速度が安定して使える理由になります。

     

    また、端末サイズもポケットWi-Fiよりも大きいので、内蔵しているアンテナに使えるスペースも多い為でもあります。

    マンションタイプの光回線より高速で使える?

    光回線のマンションタイプで、インターネットを利用する際ですが、実際に使用している回線の種類に「VDSL方式」と呼ばれる配線方式があります。

     

    これは、マンション内の配線が実際には光回線ではなく、昔からあるメタル線(アナログの電話回線と同じ)を使って通信接続する為、最大通信速度は最大100Mbpsとなります。

     

    ※VDSL方式とは・・・電柱からマンションの共用部までは光回線を引き、共有部から各部屋までの回線はメタル線(アナログの電話回線と同じ)を使用する配線方式の事。

     

    さらに、同じマンション内で、VDSLでインターネットを利用している入居者と速度を分配するような仕組みになる為、世帯数が多いファミリー向けマンションなどで、VDSLでのインターネット利用者が多い場合、実際の回線速度はかなりの低速度になります。

     

    自分自身体験済みですが、動画視聴などずっと固まったまま、ネット検索もサクサクできなかったりと、かなりストレスがたまる速度になる事があります。

     

    なので、このVDSLと比べると、5G回線を使ったWIMAXやドコモhome5Gの方が通信速度は非常に優秀になるので、速度で選ぶなら、ホームルーターの検討もおすすめします。

    • WIMAX+5G・・・下り最大速度2,7Gbps
    • ドコモhome5G・・・・下り最大速度4.2Gbps
    • 光回線マンションタイプVDSL・・・下り最大速度100Mbps

    置き型WiFi(ホームルーター)はどんな人がおすすめか?

    光回線やポケットWi-Fiなど、インターネットを利用する手段は色々ありますが、置き型WiFi(ホームルーター)は以下のような方におすすめです。

    • インターネット使用は自宅がメインの方
    • 光回線の工事ができない建物、立ち合い工事もしたくない
    • 今すぐにインターネットを利用したいけど、高速回線がいい

    逆に家の外で、どこでもインターネットを利用したい人は、ポケットWi-Fiの契約がおすすめです。

    置き型Wi-Fi(ホームルーター)の主な種類

    置き型WiFi(ホームルーター)の種類は、主に「WiMAX」「ドコモhome5G」「ソフトバンクエアー」の3種類がある事はお伝えしておりましたが、
    改めて詳しく解説いたします。

    SoftBankAir(ソフトバンクエアー)

    「Softbank Air」はソフトバンク社が提供する、置き型Wi-Fiでこれもコンセントに挿すだけで、簡単にインターネットが使えます。

     

    自分自身が使っていましたので個人的な感想としては、夜の20時以降から特にネットが繋がりにくくなる事が多く、動画が固まってしまう事が頻繁にありました。

     

    また、複数インターネットに接続した場合繋がりが悪くなる事があるので注意が必要です。
    ソフトバンクエアーの公式サイトには以下の注意書きがありました。

     

    <ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、
    通信速度が低下する場合があります。>
    ※引用元:ソフトバンクエアー公式サイト

     

    ソフトバンクエアーの注意点は、契約期間は定められていないですが、以下の端末代が割賦契約となる為、3年以内に解約した場合に端末代の残債費用が一括請求となる点です。

    • ソフトバンクエアー(4ネクスト)・・・端末代分割(1650円)-割引(1650円)×36回
    • ソフトバンクエアー(ターミナル5G)・・・端末代分割(1980円)-割引(1980円)×36回

    ただ、スマホとセットの「おうち割セット」で毎月スマホの基本料金が最大1,100円安くメリットもあるので、ソフトバンクスマホのユーザーであれば、ソフトバンクエアーの検討をしてもいいかと思います。

     

    結論、ソフトバンクエアーは、一人でネット検索や、動画を多少見る程度の使い方なら問題な買いと思いますが、「通信速度」や「提供エリア」の広さを重視する場合、WIMAXやドコモhome5Gの方がおすすめと言えます。

     

    ただ、2021年10月から5Gに対応した「ソフトバンクエアーターミナル5」が発売され、下り最大速度2.1Gbpsの高速通信ができるサービスがでました。
    しかし、2022年現在ソフトバンクエアーターミナル5Gに対応したエリアは、主要都市のごく一部地域に限られてしまう注意点があります。

    ホームルータの種類 実質月額 速度 端末代
    BIGLOBE WiMAX 4803円 下り最大速度:2,7Gbps
    上り最大速度:183Mbps
    <クレジッドカード>
    913円×24回
    <口座振替>
    21912円初回一括請求
    +
    代金引換手数料440円
    カシモWiMAX 4458円 下り最大速度:2,7Gbps
    上り最大速度:183Mbps
    0円
    GMOとくとくBB
    WiMAX
    3991円 下り最大速度:2,7Gbps
    上り最大速度:183Mbps
    0円
    Vision
    WiMAX
    4719円 下り最大速度:2,7Gbps
    上り最大速度:183Mbps
    0円
    ソフトバンクエアー5G 4298円 <4Gエリア>
    下り最大速度:812Mbps
    上り最大速度:非公開
    <5Gエリア>
    下り最大速度:2,1Gbps
    上り最大速度:非公開
    端末代1980円-割引1980円×36回
    ドコモhome5G 4625円 下り最大速度:4,2Gbps
    上り最大速度:483Mbps
    端末代1100円-割引1100円×36回

    ドコモhome5G

    ドコモ home5Gについては、通信速度重視で選ぶ場合のおすすめの置き型WiFiとして、既に解説していましたが、もう一度まとめます。

    • 置き型Wi-Fiの中でも最速級の下り最大4.2Gbps
    • 契約期間の縛りなし
    • データ容量無制限
    • 端末代が実質0円
    • 端末代が実質0円
    • 全ドコモのLTE回線対応なのでエリアが広い
    • ドコモスマホとのセット割が使える
    • キャンペーンサイトから申し込めば、18,000円のキャッシュバックがある

    ドコモ home5Gは、工事不要Wi-Fiなのに光回線並の通信速度で利用でき、置き型Wi-Fiの中で特におすすめします。

    WiMAX

    WiMAXは、持ち運びで使えるモバイルWi-Fiが一般的で認知度も高いサービスですが、置き型Wi-Fi(ホームルーター)の端末を選ぶことができます。

     

    WiMAXで契約する場合は、モバイルWi-Fiもホームルーターも月額料金は同じで利用できます。
    家の外で利用しない場合は、速度が安定する置き型の端末(ホームルーター)を選んだ方がいいです。
    また、ソフトバンクエアーよりも通信速度で優れているのもメリットです。

    【まとめ】置き型WiFi(ホームルーター)のおすすめ

    ここまで、置き型Wi-Fi(ホームルーター)の比較と、おすすめの契約先を解説してきましたが、
    いかがでしたでしょうか。

     

    選ぶ際のポイントを再度、以下6つにまとめましたのでぜひ参考にして下さい。

    1. 実質月額料金
    2. データ容量
    3. 通信速度
    4. 端末発送までの日数
    5. スマホセット割の有無
    6. 支払方法は口座かクレジットか

     

    また、比較した結果から目的別でおすすめの置き型WiFiを以下にまとめましたのでぜひ参考にして下さい!



    実質月額料金で最安を選ぶなら・・・GMOとくとくBB

    通信速度最速で選ぶなら・・・GMOとくとくBBのドコモhome5G

    支払方法を口座振替で選ぶなら・・・BIGLOBE WiMAX +5G
    もしくは「ドコモhome5G

    端末の即日発送で選ぶなら・・・【VisionWiMAX】

    、「GMOとくとくBB WIMAX」、「カシモ WiMAX」

    サポート体制の安心さで選ぶなら・・・「Vision WiMAX」

    ずっと変わらないシンプルな月額料金で選ぶなら・・・カシモWiMAX

    【スマホのセット割まとめ】

    • AUスマホ・UQモバイルのスマホユーザー・・・「WIMAX」がおすすめ
    • ドコモのスマホユーザー・・・「ドコモhome 5G」がおすすめ
    • ソフトバンクやワイモバイルのスマホユーザー・・・「ソフトバンクエアー」がおすすめ

     

    以上が、置き型Wi-Fi(ホームルーター)を徹底比較した結果から、おすすめできるWi-Fiの一覧となります。ぜひ自分に一番合うWi-Fiを見つけて下さい!

     

    ここまで記事を読んで頂きありがとうございました。

    この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    大手企業の営業から人事や総務まで幅広い業務を責任者として歴任しました。
    色んな人に接してきた経験から得た幅広い視野で商品を紹介します!

    目次