ウォーターサーバーの人気メーカー5社を徹底比較

本記事にはプロモーションが含まれている場合があります

ウォーターサーバーのメーカーは数多くあるため、選ぶのが難しいですよね。
しかしメーカーそれぞれに特徴・強みがあるため、ご自身のニーズに沿って選べば、意外とすんなり選べるものです。


そこでこの記事ではウォーターサーバーの種類を紹介しつつ、主要メーカー5社を徹底解説します。
あなたにとって最適なウォーターサーバーを選べば、普段の生活がもっと便利に!

目次

ウォーターサーバーのメーカーは20社以上もある!

ウォーターサーバーのメーカーは2021年4月時点で、なんと20社以上もあります。
もしかしたら小規模な事業者も含めると、もっと多いかもしれません。


それだけのメーカーが参入していると、選びきれなくなるのは無理もないでしょう。
後述で主要メーカーについての特徴を詳しく解説するので、ぜひ最後までご一読くださいね。

ウォーターサーバー20種以上をタイプ別に徹底比較!
ウォーターサーバー比較

ウォーターサーバーの種類をおさらい

ウォーターサーバーの種類を簡単におさらいします。
ウォーターサーバーに水を補充する際は、以下の2タイプに分けられます。

  • ボトルタイプ
  • 水道直結タイプ

どちらを選ぶかで、水の補充方法が大きく異なります。

ボトルタイプ

ボトルタイプはお水の入ったボトルを本体に装着して補充するタイプです。
ちなみに補充する水の種類によって、さらに2種類に分けられます。

  • 天然水:地下や川などから採取し、天然ミネラルを含んだ水
  • RO水:水道水・天然水を“RO膜”でろ過して不純物を除去した純粋

天然水

天然水は各メーカーが採水地からとってきた水を処理した上で届けます。
後述するRO水に比べると製造コストがやや高めですが、バランス良くミネラルを含んでいるため、おいしく飲めます。

ちなみに大半のウォーターサーバーは指定の宅配水を利用することになりますが、中にはペットボトル天然水で補充できる機種もあります。
飲み水にこだわりたい方は、天然水を選びましょう。

RO水

RO水は天然水に比べて製造コストが安く済むため、サービス提供時の費用も抑えられるのが特徴です。
RO水によっては不純物だけでなくミネラルも除去していたり、逆に後から添加したりと、メーカーによって様々です。
費用を安く抑えたいのであれば、RO水がおすすめです。

水道直結タイプ

水道直結タイプはボトルタイプと違って水が宅配されず、自宅の水道から水を補充するのが特徴です。
水道直結タイプには以下のような特徴があります。

  • 水を購入する必要が無いため、費用を安く抑えられる
  • ボトル交換および廃棄の手間が無い
  • 置き場所がキッチン周辺に限られてしまう
  • サーバー内のフィルターを通すだけなので天然水ほど水質は低め

水を購入する必要が無い分、ボトルタイプよりも費用を抑えられます。
ボトルタイプでは使い終わった空容器を返却したり、ゴミとして処分したりと手間が生じますが、水道直結タイプならその必要もありません。


しかし水道に接続しないといけない仕様のため、キッチン周辺でないと設置できないデメリットもあります。
また水道直結タイプの水はサーバー内のフィルターを通すだけなため、水質が低いことも理解しておく必要があります。


以上のことから水質・利便性にこだわるならボトルタイプ、費用を重視するなら水道直結タイプ、という風に選ぶのがおすすめです。

メーカー5社の特徴を紹介

ウォーターサーバーの種類を理解していただけたところで、各メーカーをそれぞれ比較してみます。
今回はウォーターサーバーメーカーの主要5社をピックアップ。
各メーカーの詳細を解説します。

プレミアムウォーター|水の美味しさにこだわりシェアNo.1

ウォーターサーバーのシェアランキングNo.1を誇るのが、プレミアムウォーター。
採水地を全国から厳選し、非加熱処理により水本来の味を維持した状態で提供しているのが特徴です。

運営会社プレミアムウォーター株式会社
タイプボトルタイプ
水の配送方法ワンウェイボトル
水の種類天然水
(ナチュラルミネラルウォーター)
サーバーレンタル料0円~1,100円/月
水の容量・料金
(PREMIUM3年パック)
12ℓ×2本:3,974円
7ℓ×2本:3,542円
定期メンテナンスセルフ
機能性
(cado×PREMIUMWATER)
・冷水
・温水
・再加熱モード
・弱冷水モード
・チャイルドロック
・エコモード
・下置きボトル
・残量アラート
・タッチパネル

美味しいお水を飲みたい方は、プレミアムウォーターを選んでおけば間違いないです。
さらにプレミアムウォーターがトップシェアを誇る理由は洗練されたサーバーデザインと、こだわりの天然水がなのにコスパが良い点です!

芸能人にもファンが多く、ドラマやテレビ番組でもインテリアとして使われていたりします。

フレシャス|おしゃれデザインに定評あり

フレシャスの特徴は、サーバー本体のデザインがおしゃれであること。
実際にフレシャスサーバーはグッドデザイン賞の実績があります。

運営会社富士山の銘水株式会社
タイプボトルタイプ
水の配送方法ワンウェイボトル
水の種類天然水
サーバーレンタル料0円~1,320円/月
水の容量・料金
(Slatシリーズの場合)
9.3ℓ:1,506円
定期メンテナンスセルフ
機能性
(Slat+cafe)
・冷水
・温水
・常温水
・リヒート機能
・コーヒー
・チャイルドロック
・エコモード

おしゃれなデザインに加えて、多機能であることも特徴です。

コスモウォーター|どんなお部屋にも合うデザイン

コスモウォーターの代表的なモデル「Smartサーバー」は、木目調のデザインもあり、どんなお部屋にも合わせやすいです。

運営会社株式会社コスモライフ
タイプボトルタイプ
水の配送方法ワンウェイボトル
水の種類天然水
サーバーレンタル料0円
水の容量・料金24ℓ:4,104円
定期メンテナンス不要
機能性
(Smartサーバー)
・冷水
・温水
・チャイルドロック
・エコモード
・下置きボトル
・Wクリーン機能

きれいで安全な天然水が届くだけでなく、サーバー本体にも雑菌の侵入防止と熱水による殺菌機能を搭載しているため、安心してお水が飲めるようになっています。

アクアクララ|RO水を採用

アクアクララでは天然水ではなく、RO水を採用しています。

運営会社アクアクララ株式会社
タイプボトルタイプ
水の配送方法リターナブルボトル
水の種類RO水(ミネラル添加)
サーバーレンタル料1,100円~2,200円
(あんしんサポート料としての請求)
水の容量・料金12ℓ:1,404円
機能性
(アクアウィズ)
・冷水
・温水
・HOT BOOSTER(加熱)
・チャイルドロック
・エコモード
・下置きボトル
・コーヒー
定期メンテナンス2年に1度
原産国韓国

天然水よりも製造コストが安いRO水を採用したことで、最小限のコストでウォーターサーバーを利用できます。

Kirala|水道直結・ボトル両方を選べる

Kiralaでは水道直結タイプ・ボトルタイプ両方のサーバーを取り扱っている、数少ないメーカーです。

運営会社株式会社Kirala
タイプボトルタイプ水道直結型
水の配送方法ワンウェイ方式(フィルム)
水の種類天然水水道水
サーバーレンタル料1,320円/月3,980円~5,478円/月
水の容量・料金5.8ℓ×5:4,968円0円(水道代)
機能性・冷水
・温水
・再加熱機能
・炭酸水
・チャイルドロック
・エコモード
・下置きボトル
・冷水
・温水(3段階温度設定付き)
・チャイルドロック
・エコモード
・スマートノズル

Kiralaサーバーのボトルタイプ最大の特徴は、炭酸水を自分で作れること。
炭酸水が作れるウォーターサーバーはKiralaを含めて2社しかないため、非常に貴重な機種です。


水道直結タイプはお水代が0円の一方で、サーバー本体のレンタル料が高めなため、水の使用量次第で決めた方が良いでしょう。


ここまでウォーターサーバーのメーカーを5社解説しましたが、それぞれに特色があるのです。

一番人気はプレミアムウォーター

ウォーターサーバーを選ぶにあたって機能面、デザインも総合的に比べるとシェアランキングNo.1のプレミアムウォーターがおすすめです。
その理由は以下の5つ。

  • 天然水サーバーの中でお水の料金が最安値級!
  • 非加熱処理によりバランスの良いミネラルで天然水本来の美味しさを維持
  • 4段階以上のフィルターのろ過により、安全性を実現
  • 使い切りのワンウェイボトル方式により衛生的で省スペース
  • お部屋のインテリアになじむオシャレなデザインサーバーが豊富

お水の美味しさ・安全性・デザイン・価格すべてのポイントを押させているのがプレミアムウォーターの魅力です。

ウォーターサーバー選びで悩んでいるならプレミアムウォーターを検討してみてはいかがでしょうか?

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

上場企業で商品企画やマーケティングを担当。自社サービスサイトの立ち上げから関わり1年で月間約40万アクセスを記録。
様々な企業の商品リサーチ、サービスの裏側を見てきたからこそ分かる、商品選びの際の着目するべきポイントなど役に立つ情報を発信していきます!

目次